2015年01月31日

グルジアカップ 13−14 ディナモ・トビリシ

グルジアカップ 13−14シーズン

決勝

ディナモ・トビリシ2−1チフラ・サチヘレ



前半22分ロングボールからスペイン人FWシスコのゴールでディナモ・トビリシが先制。対するチフラも後半4分にゲオルギ・ダトゥナイシュヴィリのゴールで同点に追いつく。

しかし後半14分にディナモ・トビリシはオタール・マルツヴァラーゼが勝ち越しゴールを決め2−1。

勝ったディナモ・トビリシが2連覇。11度目の優勝に輝いた。

監督はマルカズ・ジワニア

選手はギオルギ・ロリア、ダヴィド・クヴェルクヴェリア、ギオルギ・レフヴィアシュヴィリ、ダヴィド・フルトシラヴァ、ギオルギ・グヴェレシアニ、ギオルギ・メレバシュヴィリ、イラクリ・ザリア、マテ・ツィンツァーゼ、ギオルギ・パプナシュヴィリ、シスコ、オタール・マルツヴァラーゼ、ギオルギ・パパヴァ、トルニケ・ゴルギアシュヴィリ、ギオルギ・フイデシェリ


posted by アッキー at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルジアカップ 12−13 ディナモ・トビリシ

グルジアカップ 12−13シーズン

決勝

ディナモ・トビリシ3−1チフラ・サチヘレ



試合は後半13分にギオルギ・メレバシュヴィリのゴールでディナモ・トビリシが先制。さらに後半18分にはCKからレヴァン・フマラーゼが決めて2−0とすると、後半29分にもイラクリ・ザリアが決めて3−0。

チフラ・サチヘレは後半ロスタイムにエリク・サジャイアが1点を返すも及ばず。

3−1で勝ったディナモ・トビリシが4年ぶり10度目の優勝を果たした。

監督はドゥシャン・ウーリン・ジュニア

選手はギオルギ・ロリア、ウスタリツ・アルデコアオタロラ、ギオルギ・セトゥリーゼ、ギヴィ・クヴァラツヘリア、ダルコ・グリシッチ、ペテル・グライチャール、レヴァン・フマラーゼ、ギオルギ・メレバシュヴィリ、イラクリ・ザリア、シスコ、ジャヴァ・ダヴァリ、パトリック・ミルヒラウム、カルロス・コト、ギオルギ・パパヴァ
posted by アッキー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルジアカップ 11−12 ディラ・ゴリ

グルジアカップ 11−12シーズン

決勝

ディラ・ゴリ4−1FCゼスタポニ



試合は前半14分にトルニケ・アプトシアウリのゴールでゼスタポニが先制するが、ディラ・ゴリは31分にゴチャ・ホジャヴァのPKで同点とすると、後半4分にはCKからマテ・ヴァツァーゼが決め逆転。

さらに後半19分にギオルギ・イルリーゼ、後半45分にアレクサンデル・インツキルヴェリが追加点を決め4−1。

ディラ・ゴリがカップ戦初優勝に輝いた。

監督はテムル・シャラムベリーゼ

選手はマリアン・スケンデル、ギガ・べチヴァイア、ラシャ・トターゼ、アレクサンデル・インツキルヴェリ、ラシャ・サルクヴァーゼ、ショタ・カシーア、ズラブ・アルジアーニ、ゴチャ・ホジャヴァ、ロマン・アハルカトシ、ゲオルギ・カヘリシュヴィリ、アレクサンドレ・グルリ、ギオルギ・イルリーゼ、マテ・ヴァツァーゼ、レヴァズ・バラバーゼ
posted by アッキー at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

ラトビアカップ 2014 イェルガヴァ

ラトビアカップ 2014年

決勝

イェルガヴァ0−0スコント・リガ
      PK5−3





試合はスコアレスドローのまま延長戦へ突入。そこでも決着つかずにPK戦へ。

ここで5−3と勝利したイェルガヴァが4年ぶり5度目の優勝を果たした。

監督はウラジミール・べシュカレフ

選手はカスパルス・イクステンス、ボリス・ボグダスキン、デニス・ペトレンコ、ヴァルリース・レディコ、マルシス・オシュス、ワディム・ズレフ、ギントス・フレイマニス、アルティス・ラズディンシュ、ロマン・ベスパロフ、アルマンドス・ペテルソンス、ウラジスラフ・コズロフ、オレグス・マラシェノクス、マクシム・ダニロフ、アレクサンドル・グビン
posted by アッキー at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラトビアカップ 2013 FKヴェンツピルス

ラトビアカップ 2013年

決勝

FKヴェンツピルス2−1リエパーヤ・メタルルグス



試合は前半43分に左サイドからのクロスをアントンス・イェメリンスが合わせてリエパーヤが先制。

対するヴェンツピルスは後半27分にゴール前のこぼれ球を途中出場のワディム・ヤンチュクが決めて同点に追いつく。

試合は1−1のまま延長戦へ。延長前半3分に左からのボールをカスパルス・ドゥブラが蹴り込んでヴェンツピルスが勝ち越し。

そのまま2−1で勝ったFKヴェンツピルスが2年ぶり5度目の優勝に輝いた。

監督はユルギス・プチンスクス

選手はヴィタリー・メルニチェンコ、カスパルス・ドゥブラ、アントンス・クラキンス、ヴィタリー・スミルノフ、ダニールス・トゥルコフス、ユリイス・ジガイェフス、エドゥアルド・スクハノフ、イゴール・タラソフ、ウラジスラフ・コズロフ、アーメド・アブドゥルタオフィク、オレグ・ティモフェイェフ、シモナス・パウリウス、ヴィスヴァルディス・イグナターンス、ワディム・ヤンチュク
posted by アッキー at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。