2009年07月17日

ユーゴスラビア 91−92 レッドスター・ベオグラード

ユーゴスラビアリーグ 91−92シーズン

優勝:レッドスター・ベオグラード



動画は第7節、パンチェフのゴールとミハイロヴィッチのFKで2−2で引き分け、PK戦で3−4で勝ったパルチザン戦。シーズン前半は引き分けの場合PK戦が行われていた。

レッドスターが3連覇、19度目の優勝。しかし、シーズン途中からジェリェズニチャルの試合がキャンセルされ、その他ボスニアのチームの試合も終盤は行われなかった。

そしてこの後、マケドニアとボスニアのチームが脱退。旧ユーゴスラビア最後のリーグ戦となった。

監督はヴラディツァ・ポポヴィッチ

選手はドラゴイェ・レコヴィッチ、ジヴォンコ・ミロイェヴィッチ、ドゥシュコ・ラディノヴィッチ、ヴラディミール・ユーゴヴィッチ、イリヤ・ナイドスキ、ダルコ・パンチェフ、イリヤ・イヴィッチ、ミロラド・ラトコヴィッチ、シニシャ・ミハイロヴィッチ、ミオドラグ・ベロデディッチ、デヤン・サヴィチェヴィッチ、ミロスラフ・タニガ、ヴラダ・ストシッチ、ゴラン・ヴァシリエヴィッチ(元市原)、ヴラダン・ルキッチ、エルヴィル・ボリッチ、サーシャ・ネデリコヴィッチ、スラヴィシャ・チューラ、ネボイシャ・クルプニコビッチ(元G大阪・千葉)など


posted by アッキー at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビア 90−91 レッドスター・ベオグラード

ユーゴスラビアリーグ 90−91シーズン

優勝:レッドスター・ベオグラード



動画は第28節、ナイドロスキ、プロシネツキ、ユーゴヴィッチのゴールで3−1と勝利したパルチザンとのダービー。

ちなみにパルチザンの1点はプレドラグ・ミヤトヴィッチ。

26勝6分5敗でレッドスター・ベオグラードが2連覇。18度目の優勝を果たした。このシーズンはチャンピオンズカップも優勝。

このシーズン後にスロベニアとクロアチアのチームが脱退。

監督はリュプコ・ペトロヴィッチ

選手はステヴァン・ストヤノヴィッチ、ジヴォンコ・ミロイェヴィッチ、ダルコ・パンチェフ、ロベルト・プロシネツキ、ドゥシュコ・ラディノヴィッチ、イリヤ・ナイドスキ、ドラギ・カナトラロフスキ、スロボダン・マロヴィッチ、デヤン・サヴィチェヴィッチ、ヴラダ・ストシッチ、ゴラン・ユーリッチ(元横浜FM)、ゾラン・ヴヨヴィッチ、ミオドラグ・ベロデディッチ、ミロシュ・ドリジッチ、レフィク・シャバナゾヴィッチ、、ヴラディミール・ユーゴヴィッチ、ラデ・トシッチ、イヴィツァ・モムチロヴィッチ、シニシャ・ミハイロヴィッチ、ドラグシャ・ビニッチ(元名古屋)など

ダルコ・パンチェフが34ゴールで得点王。
posted by アッキー at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビア 89−90 レッドスター・ベオグラード

ユーゴスラビアリーグ 89−90シーズン

優勝:レッドスター・ベオグラード



動画は1ー4で勝ったブドゥチノスト・チトーグラード戦。ストイコヴィッチのアシストでサヴィチェヴィッチが得点しています。

レッドスターが24勝5分3敗という成績で2位に勝ち点11をつけて優勝。17度目。

監督はドラゴスラフ・シェクララツ

選手はステヴァン・ストヤノヴィッチ、ジヴォンコ・ミロイェヴィッチ、ダルコ・パンチェフ、ドラガン・ストイコヴィッチ(名古屋)、ロベルト・プロシネツキ、ドゥシュコ・ラディノヴィッチ、イリヤ・ナイドスキ、ドラギ・カナトラロフスキ、スロボダン・マロヴィッチ、デヤン・サヴィチェヴィッチ、ヴラダン・ルキッチ、ヴラダ・ストシッチ、ミタル・ムルケラ、ゴラン・ユーリッチ(元横浜FM)、ゾラン・ヴヨヴィッチ、ミオドラグ・ベロデディッチ、ミロシュ・ドリジッチ、レフィク・シャバナゾヴィッチ、スラヴォリュブ・ヤンコヴィッチ、ゾラン・パヴロヴィッチ、ゾラン・ディミトリイェヴィッチ、イヴァン・アジッチ、ヴラディミール・ユーゴヴィッチ
posted by アッキー at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビア 88−89 ヴォイヴォディナ・ノヴィサド

ユーゴスラビアリーグ 88−89シーズン

ヴォイヴォディナ・ノヴィサド2−1スロボダ・トゥズラ





ヴォイヴォディナの1点目をとったミロシュ・シェスティッチが後半15分にもゴールを決めて決勝点。

2−1で勝ったヴォイヴォディナ・ノヴィサドが23年ぶり2度目の優勝を決めた。

監督はリュプコ・ペトロヴィッチ

選手はチェド・マラス、ブディミール・ヴヤチッチ(元神戸)、シニシャ・ミハイロヴィッチ、ミロシュ・シェスティッチ、ゴラン・カルタリヤ、ドゥシャン・ミイッチ、スヴェトザル・シャプリッチ、ステヴァン・ミロヴァツ、リュボミール・ヴォルカピッチ、ドラガン・プニシッチ、スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ、デヤン・ヨクシモヴィッチ、ミラン・ポポヴィッチ、ゾラン・ミユチッチ、ジェリコ・ダキッチ、ドラガン・ガチェシャ、ミロスラフ・タニガ
posted by アッキー at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビア 87−88 レッドスター・ベオグラード

ユーゴスラビアリーグ 87−88シーズン

優勝:レッドスター・ベオグラード



動画はドラガン・ストイコヴィッチの有名なCK直接ゴールなどで2−3と勝った第6節、パルチザンとのダービーマッチ。

レッドスターが17勝11分6敗でパルチザンを勝ち点1上回り、4年ぶり16度目の優勝を果たした。

監督はヴェリボール・ヴァソヴィッチ

選手はステヴァン・ストヤノヴィッチ、ブランコ・ダヴィドヴィッチ、ゴラン・ミロイェヴィッチ、ボラ・ツヴェトコヴィッチ、スロボダン・マロヴィッチ、ミオドラグ・クリヴォカピッチ、ドラガン・ストイコヴィッチ(名古屋)、ドラギシャ・ビニッチ(元名古屋)、スラヴコ・ラドヴァノヴィッチ、ロべルト・プロシネツキ、ゴラン・ユーリッチ(元横浜FM)、デヤン・ヨクシモヴィッチ、ズラトコ・クルジェヴィッチ、ドラギッチ・コマディナ、フスレフ・ムセミッチ、ドラガン・プニシッチ、レフィク・シャバナゾヴィッチ、ヨヴィツァ・ニコリッチ、ミタル・ムルケラ、ヴラダン・ルキッチ、スラヴォリュブ・ヤンコヴィッチ
posted by アッキー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。