2009年07月15日

ユーゴスラビアカップ 90−91 ハイドゥク・スプリト

ユーゴスラビアカップ 90−91シーズン

決勝

ハイドゥク・スプリト1−0レッドスター・ベオグラード



後半22分のアレン・ボクシッチのゴールが決勝点となりハイドゥク・スプリトが4年ぶり9度目の優勝。

これが旧ユーゴ崩壊前最後のカップ戦となった。

監督はヨシュコ・スコブラール

選手はヴァトロスラフ・ミハチッチ、ミリ・ハジアブディッチ、イゴール・シュティマッツ、ドラギ・セティノフ、スラヴェン・ビリッチ、グルジチャ・コヴァチ、マリオ・オシボフ、アルディアン・コズニク、アンテ・ミシェ、ヨシュコ・イェリチッチ、ゴラン・ヴチェヴィッチ、ロベルト・ヤルニ、アレン・ボクシッチ

レッドスターにはプロシネツキ、サヴィチェヴィッチ、ミハイロヴィッチ、パンチェフ、ビニッチ(元名古屋)などがいました。


posted by アッキー at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビアカップ 89−90 レッドスター・ベオグラード

ユーゴスラビアカップ 89−90シーズン

決勝

レッドスター・ベオグラード1−0ハイドゥク・スプリト



前半12分のダルコ・パンチェフの得点が決勝点となり、レッドスターが5年ぶり12度目の優勝。

監督はドラゴスラフ・シェクララッツ

選手はステヴァン・ストヤノヴィッチ、ゴラン・ユーリッチ(元横浜FM)、スロボダン・マロヴィッチ、ヴラダ・ストシッチ、ミオドラグ・ベロデディッチ、イリヤ・ナイドスキ、ロベルト・プロシネツキ、デヤン・サヴィチェヴィッチ、ダルコ・パンチェフ、ドラガン・ストイコヴィッチ(名古屋)、レフィク・シャバナゾヴィッチ
posted by アッキー at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビアカップ 88−89 パルチザン・ベオグラード

ユーゴスラビアカップ 88−89シーズン

決勝

パルチザン・ベオグラード6−1ヴェレジュ・モスタル





試合は前半30分、パルチザンがヴチチェヴィッチのPKで先制。その後も34分にヴチチェヴィッチ、後半7分にミロイェヴィッチ、後半10分にヴォクリ、後半14分にヴェルメゾヴィッチが決めて5−0。

後半21分にヴェレジュのレパクに1点を返されるも、後半33分にはバトロヴィッチが得点し6−1。

圧勝したパルチザン・ベオグラードが32年ぶり5度目の優勝を果たした。

監督はモムチロ・ヴコティッチ

選手はファフルディン・オメロヴィッチ、ボルチェ・スレドイェヴィッチ、ミオドラグ・バヨヴィッチ、ヴラディミール・ヴェルメゾヴィッチ、ゴルダン・ペトリッチ、プレドラグ・スパシッチ、ドラゴリュブ・ブルノヴィッチ、ゴラン・ミロイェヴィッチ、バイロ・ジュピッチ、スラジャン・シュチェポヴィッチ、ファディル・ヴォクリ、ネボイシャ・ヴチチェヴィッチ、ゾラン・バトロヴィッチ
posted by アッキー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビアカップ 87−88 ボラツ・バニャ・ルーカ

ユーゴスラビアカップ 87−88シーズン

決勝

ボラツ・バニャ・ルーカ1−0レッドスター・ベオグラード



後半15分のルピッチのゴールが決勝点となり、ボスニアのボラツがまさかのアップセットで初優勝。

監督はフスニヤ・ファズリッチ

選手はスロボダン・カラリッチ、ストヤン・マルバシッチ、ミルサド・ビルビヤ、ジヴォンコ・リポヴァツ、マリオ・マタヤ、ダミール・シュピチャ、ブジュール・マテイッチ、ネナド・ポポヴィッチ、アミール・ドゥルグトヴィッチ、ミレ・シヤコヴィッチ、スアド・べシレヴィッチ、セナド・ルピッチ、ヴラディチャ・レミッチ

レッドスターにはドラガン・ストイコヴィッチやプロシネツキがいました。
posted by アッキー at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーゴスラビアカップ 86−87 ハイドゥク・スプリト

ユーゴスラビアカップ 86−87シーズン

決勝

ハイドゥク・スプリト1−1リエカ
         PK9−8







動画は長い長いPK戦の模様。

1−1のまま、もつれこんだPK戦も長丁場。しかし途中出場のハイドゥクGKゾラン・ヴァルヴォディッチがリエカGKなどのシュートをストップし9−8で勝利。

ハイドゥク・スプリトが3年ぶり8度目の優勝を果たした。

優勝セレモニー

http://www.youtube.com/watch?v=s2vJ6XgF3Ds
http://www.youtube.com/watch?v=AF-yEyGew0o

監督はヨシュコ・スコブラール

選手はムラデン・プラリーヤ、ゾラン・ヴァルヴォディッチ、ロベルト・ヤルニ、ダルコ・ドラジッチ、ステパン・アンドリヤシェヴィッチ、 ドラギ・セティノフ、イェルコ・ティプリッチ、ステパン・デヴェリッチ、ドラグスティン・チェリッチ、ミロシュ・ブルサチ、アリョーシャ・アサノヴィッチ、フラネ・ブチャン、ズデンコ・アダモヴィッチ
posted by アッキー at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーゴスラビアカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。